きてらメニュー

 ここは、和歌山県田辺市上秋津です−
あなたはカウンター名様めのお客様です
 農業法人株式会社『きてら』
開店時間/午前9:00〜午後4:30

TEL 0739-35-1177 FAX 0739-20-5254

 『きてら』とは?

 『きてら』 とは、地元の住民が地域活性化のために立ち上げたコミュニティービジネスの会社名であり直売所の店名でもあります”きてら”とは、この地方の方言で、”どうか来て下さい”という意味でもあります。
きてらは、田舎の小さな直売所ですが、どうかみんな誘い合わせて来て下さいという願いがこもった名です。
きてらへきてら音楽アロエルートが唄う『きてら』へきてら 作詞・作曲アロエルート

『きてら』は直売所の意義を問い詰めながら事業を行っています 

きてら出荷者写真 今日の日本の食卓が荒らされてきている現実があります。農産物の産地偽証にはじまり、輸入農産物の残留農薬問題、そして食品添加物表示を強く求めねばならない程の工業製品化された食品の台頭や、どんなに制度や法律を厳しくしても、絶えない食品の安心・安全への裏切り行為。また、毎日食する野菜、肉類、果実までもが、輸入洪水に押し流されそうな現実があります。 「地産地消」「身土不二」が人々に次第に認知・支持されてきたのは、そこに理由があると思います。『きてら』は、仕入れ商品や転送商品を置かないで、農家や生産者が持ち込む地域内の産物にこだわりながら、都市と農村の出合いの場、交流の場の提供を行っていきたいと考えています。  

『きてら』からのお知らせ 

2016『きてら』夏の詰め合わせセット予約受付開始

 
 
 
 

俺ん家ジュース得・得・得する情報 

 きてら 俺ん家ジュース   俺ん家ジュースのご購入につきましては、『きてら』ネットショッピング会員登録(無料)をすませてから、ログインしてご注文頂きますとお得な会員価格でお求め頂けます。
※ID・パスワード忘れはこちら

きてらに来たら、ぜひ、秋津野ガルテンへもお立ち寄り下さい。

秋津野ガルテン  農家レストランみかん畑秋津野ガルテンは旧上秋津小学校を整備して誕生した、都市と農村の交流施設です。こちらも『きてら』同様に地域住民が出資を行い起ち上げた施設です。施設内にあります農家レストラン「みかん畑」は毎日30種類のメニューが楽しめるランチバイキングが人気です。その他、地元柑橘を使ったお菓子やジャムの加工体験や宿泊施設もあり、リーズナブルな料金でお泊まり頂けます。『きてら』から車で3分の距離にあります。ぜひともお立ち寄り下さい。電話:0739−35−1199

『きてら』は住民出資しで起ち上げ、運営も住民が行っています本物の直売所です

きてらの物語 農業法人株式会社『きてら』は、上秋津地域住民とその応援団が、地域づくりから、出資(資本金1000万円)を行い、事業計画から運営まで行っている、ソーシャルビジネスの法人です。 『きてら』は、平成11年4月に地元有志30人できてらを立ち上げ10年が経過いたしました。倒産を覚悟したときもありましたが、住民、自ら汗を流し、知恵を出しあいながら、『きてら』を守り続けてきました。地産地消と安心安全の大きな流れのなかで、売上(平成18年には1億円を突破)げの方も、みなさま方のご愛顧で順調に推移しおります。きてらストーリをぜひご覧下さい。 

お年寄りも元気に「おはよう」 

きてらへ出荷 毎朝、きてらに出荷に行けば、みんなに出会えて楽し!「おはよう」「暑いのら」「なっとうな〜」。
 一生懸命、つくった野菜が売れれば、孫たちにお小遣いがあげられる!いこら茶屋で、みんなとコーヒーを飲みながら、楽しひと時が過ごせる!『きてら』に出荷をしだしてから、とても健康になったような気がする。 『きてら』は、私たちお年寄りの生き甲斐になっています。「上秋津で暮らしてきて本当に良かった」そんな地域づくりが私たちの目標です。
 「これからも、おじいちゃん、おばあちゃん、頑張れ」!みなさんも応援して下さい〜
 

地元の新聞『紀伊民報』で紹介された記事検索 

きてらの記事を検索平成11年にきてらが誕生以来16年を向かえています。
その間、住民が知恵を出し、汗を流しながら運営を行って挑戦してきた事を、暖かな視線と地域づくり視点で、いつも記事として取り上げて頂いてきました。地元紙の紀伊民報で『きてら』の話題を検索はこちらをクリック 

秋津野のみかん山を思い浮かべて下さい 

みかん色のみかん音楽 名古屋にお住まいのなかむらまさみさまからご提供頂きました『みかん色のみかん』です。みかんの種類が多く一年中みかんが実る秋津野にピッタリの唄です。ぜひお聴き下さい。