二か国語対応


メニュー

ネットショップ


きてらの里で味わう

『きてら』から車で5分の距離にあります、秋津野ガルテン内に農家レストラン『みかん畑』があります。地元のお母さんたちが、地元で採れる新鮮な野菜をふんだんに使ったスローフードランチバイキングはとても人気です。
大人950円とリーズナブルなお値段です。
平日は 11:30〜14:00
土祝祭日は11:00〜14:00
ご予約はいりません。
電話 0739-35-1199


きてらの里に泊まろう

秋津野ガルテン内には宿泊施設も完備されています。
グリーンツーリズムに熊野古道の入り口の宿、南紀白浜温泉の宿にもご利用いただけます。
ご予約は 秋津野ガルテンに
電話 0739-35-1199




  俺ん家ジュース工房は平成16年稼働し、平成23年1月新工場が誕生しました
小さな工場にみかん農家の夢が詰まっています

すべて秋津野産のミカン、柑橘、南高梅の果汁を抽出しジュースに仕上げています



温州みかん、ポンカン、三宝柑、清見オレンジ、デコポン、バレンシアオレンジ、安藤柑、
俺ん家の梅、梅に恋したダイダイ
そのまんまレモン果汁、そのまんまダイダイ果汁

ご注文はこちらから

工場見学はここをクリック


ちょっとジュース工場の中を見てみませんか?
小さな工場ですがパイプラインですべての機械が結ばれ
衛生的な環境のもとでジュースをつくっています
もちろん搾汁器はアメリカ性の優れもの
ひとつひとつみかんを投入して絞っています
プレート殺菌機で果汁を熱し瓶詰めをしています
   

プロジェクトX風に...
『きてら』の新築移転にともない、平成16年、『きてら俺ん家ジュース工房』もを完成させた。
 本場アメリカ製のジュース搾り機を導入、毎日、みかん、オレンジの生しぼりを『きてら』店内のジュースサーバーで販売を行った。ジュース飲んだ方が、口々に美味しい!新鮮だ!こんなジュース初めだ!と評判を得た。
 農家も、果実の形が悪いからとか、表面に葉すれキズ跡や、病害虫に表皮が侵された跡があるだけで中味は同じなのに商品価値が無いと嘆き続けていた。 もったいないな〜と長年思っていた。JA経由で大規模なジュース工場に納入していましたが、集荷費、輸送費とジュース工場での費用がかさみ、農家には全く恩恵が全くなかった。なんとかしたい!そこで、農家や地域30人の有志が立ち上がった。ミカンそのままの味で勝負しょう!無添加、無調整のみかん果汁ジュースの計画が持ち上がのだ。
 誰も瓶入りジュース製造したことがない。いったい何回失敗しただろう。頭を下げ大手のジュース工場で製造を方法教わる。そしてなんども挑戦。本格的な商品が完成したのが製造開始から1年がたった12月だった。ジュース加工技術のノウハウを習得する365日だった!。 本当に消費者は認めてくれるのか?倶楽部員の間だから不安の声が漏れてきた。そんな不安を払拭させたのが、『きてら』冬のふるさと詰め合わせセットに入れ、贈られたお客様からの一本の電話だった「あのジュースは、本当に美味しい」「本当に無添加でつくられたのですか?」みんなが言った「本物を味を伝えることが出来た」。
 日本一小さなジュース工場に次々と新しい機械が導入され、本格的生産に入った。名のある大手の百貨店も取扱に名乗りを上げた。秋津野ふるさとをジュースと共に伝えたいと言うバイヤーも現れた。
 みんな、ふるさとの先人達に感謝した。この里には多くの柑橘・オレンジがある。このみかんのふる里を今まで守り続けることが出来たのも、多種多品種栽培のおかげだ!温州みかん、ポンカン、三宝、デコポン、清見オレンジ、バレンシアジュース....まだまだ続く新商品の開発は続く。